コラム作成の依頼が急増中

 

このところ、コラムの依頼が急増中です。

やはりおもな依頼はウェブ対策ですね。

コンテンツSEOの時代です。

 

google-images-454541_1280

 

有益な情報を定期的、継続的に発信するという事がどれほど他との差別化が

図れるかという事にやっと世間の目が向いてきたと実感しています。

 

monitor-449370_1920

『SEOは一日にして成らず』

まさにこの言葉が、ピッタリですね。

 

単純に毎月10個のコラムを作成していくと

50コラム × 12か月 = 600コラム

これが2年で、1200コラムになります。

これだけの情報量を発信するホームページは、これから対策するところでは

同じボリュームに追いつくだけでも、数か月かかります。

また、最初にも書いたように定期的に継続的にという観点から見ても、

ボリュームだけが追い付いてもそれだけではすべての問題がクリアになったわけではありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここまでは、私のセールストークが多く含まれていますが、現実的に考えて見ましょう。

毎月500文字から1000文字のコラムを10~50個作成するという事がどれほど大変かわかりますか?

いくら自分の仕事の事だからと言っても、毎月となると、、、、、

1000文字という事は、400字詰の原稿用紙2枚半を20コラムだと、毎日一つ作る事になります。

夏休みの作文の宿題を思い出してみて下さい。

得意だった人でも毎日書けるでしょうか?

business-19156_1920 (1)

私が知っている限り、自社で毎日継続できている会社はほとんどありません。

やはりこのように継続的に、定期的にという仕事はプロに任せる事をおススメします。

ライターにお任せいただければ、詳しく調べて書いてくれます。

 

そして、2年後のある日、私のセールトークに乗った方は、気がつくでしょうね。

 

この差は、他店、他社とは埋まらないという事実に、、、、、。

 

まずは、一度お問い合わせください。

 

 

 

 

 

今ある名刺で、休眠のお客様を掘り起こしませんか?

名刺の管理方法ってあなたの会社はしているでしょうか?

一人でお仕事されている方も、過去に名刺交換した人を

すべて管理がうまくできている方は、なかなかお見えになりません。

 

ましてや、部署ごとにそれぞれに営業される方がいるとなると

社内での連携は、驚くほど取れていないのが現実です。

 

どうしても、アナログな名刺をホルダーに入れて管理するという方法しか思いつきませんが

そうなると、完全に個人の資産になっています。

ちょっと、もったいないですよね。

 

__

 

すでに、大手で営業所があちこちにある会社は、名刺の管理をデータ化して有効活用をしようとしています。

 

弊社サービスで名刺のデータ化があります。

名刺を、現物やPDFなどでお預かりして、指定の項目をエクセルに打ち込みます。

会社名、個人名、所属部署、役職、住所、電話番号、携帯番号、メールアドレスなどです。

これをデータ化することにより、社内での管理が簡単になり検索も簡単です。

 

取引を狙っている会社の他の営業所では、すでに取引があったというような場合が多々あるようです。

営業マン同士の連携は、個人的に仲が良い場合を除いては、ほとんど面識がない場合は

つながりは皆無と言っても良いでしょう。

 

mobile

早く社内の財産を有効活用できるようにすれば、それだけで資産価値を有効に使える事になり

 

会社のリスクを軽減させることにもなりますよね。

それぞれの営業担当が、クライアント様の担当者の情報をもっていると、

万一、その営業担当が引き継ぎなく辞めてしまった場合、情報が無くなってしまいます。

 

名刺をデータ化して管理していれば、そのリスクはほぼなくなると言ってもよいでしょう。

しかも、利用の仕方によっては埋もれていた財産が有効活用できる可能性が高まります。

 

大勢の方のアドレスがある事により、メルマガを発行して潜在的なお客様も

掘り起こす事が可能になります。

 

最初に、少々コストはかかりますが、利用価値の事、リスクの事を考えれば

それに十分な価値がるという事は想像していただければわかりますよね。

 

どうしょうかな?

効果があるのか?

 

もし疑問に思う事がありましたら、お問い合わせください。