toggle
2016-08-03

文章の書き方のヒント

文章を書くことに慣れてくると、長い文章でも抵抗なく作れるようになってくると思います。

しかし、文章の形がマンネリ化してきたり、変な癖がついたりしてしまいます。

今回は「こういう癖は付けない方が良いよ」という文章の書き方のヒントをご紹介します。

ddd3dad613828f087d6aaaa8edf03129_s

◎「○○的な」「○○化」などの表現は多用しない

「○○的な」といった表現は、専門性が感じられて使いやすいですよね。

しかし、使い方を間違えていたり、多用しすぎたりしてよくわからない内容になっていることがあります。

ffc545acadc7527f7914dec17610ca9c_s

例えば

★この場合、一般性的に考えれば多数の人が賛成を選ぶでしょう

★この場合、一般的に考えれば多数の人が賛成を選ぶでしょう

下の文章が正解ですが、つい上の文章のような使い方をしてしまうこともありますよね。

意味は分からなくないですが、伝わりづらい文章になってしまう注意が必要です。

8c130860c9b5e7568498630f2dc066d3_s

日本語を正しく使った文章にしようと思ったら「○○的」「○○化」「○○性」などは多用しない方が良いでしょう。

また、使うときは本当にその使い方でいいのかを辞書で調べてから使うと確実です。

81c4cd97ea194454b14d029b142d8d7d_s

自分の書いたコラムを見直して、「おかしいな?」と思うところがないか確認してみましょう。

変な癖を直すことで、より読みやすいコラムを書くことができるようになりますよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。