toggle
2017-03-22

iPhoneのヘルスケアを活用しよう

アイフォンを使用している人は、アイフォンにもともと入っているヘルスケアというアプリの存在を知っていますか?

ピンクのハート形が目印のアイコンです。

このアプリでは、ユーザーの健康に関する「歩数」「身体測定値」「消費エネルギー」などの情報が記録されます。

 

初期状態では何も記録されませんが、最初に簡単な設定をすれば利用できます。

アイフォンにはセンサーが組み込まれており、その人の移動距離などが記録されています。

 

 

 

今回は最も簡単に設定できる「ウォーキング+ランニングの距離」の設定についてご紹介します。

①ヘルスケアのアプリを開く。

②「ダッシュボードがからです」という画面が出たら、一番下の「ヘルスケアデータ」をタップします。

③表示されたリストの中から、「フィットネス」をタップします。

④その中から「ウォーキング+ランニングの距離」を選択すると、今までの移動距離が表示されます。

⑤「ダッシュボードに表示」をオンにすると、アプリを開いたらすぐに移動距離が見られるようになります。

※同様の方法で歩数や階段を上がった階数なども見られるようになります。

 

1日に1回「今日はどれくらい歩いたかな?」と確認することで、自分の運動不足に気づけるかもしれませんね!

「今日は5000歩歩いたから明日は6000歩歩くようにしてみよう。」といったように具体的な目標も立てやすいです。

アイフォンを利用している人ならだれでも使えるので、ぜひ自分の健康管理に役立ててください。

 

コラム作成.comでは、生活に役立つ豆知識など幅広いジャンルのコラムを作成しております。
運営会社 株式会社エフエーエス
〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町5-6
WEST NAGOYA56 2F
TEL:052-459-5030
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。