冬に向けて仕事場を快適に

冬が近づき、乾燥や冷たい風が気になる季節になってきましたね。

急激な温度変化などで体調を崩したり、風邪をひいてしまう人も増えてきます。

この季節を健康に過ごすためには、働いている環境を冬仕様に整えることが大切です。

1日の3分の1以上を過ごすこともある仕事場は、快適な状態を維持したいですよね。

冬に風邪をひく人が増える理由のひとつに「乾燥」があります。

人間が快適に過ごせて、ウイルスが繁殖しにくいのは部屋の湿度が50~70%と言われています。

仕事場の湿度もこの範囲で保てるの良いですね。

今回は、仕事場で試したい乾燥対策をご紹介します。

★加湿器を使う

部屋の湿度を簡単に上げられるのが加湿器です。

デスクで使うだけの卓上加湿器もたくさん販売されています。

USB接続で、パソコンにつなげて使用できるものも便利でおすすめです。

 

★湿度アプリを使う

湿度を測るアプリをインストールしてみましょう。

今自分のいる場所の湿度がどれくらいなのかを知り、乾燥しているようであれば加湿することができますよね。

50%を切り始めたら危険信号だと思い、湿度対策をしましょう。

 

★タオルやお湯を用意する

加湿器以外では、お湯を入れたコップや濡れたタオルを干しておくだけでも加湿効果があります。

温かい蒸気を吸っていると、それだけで粘膜を保護してくれます。

 

★マスクをする

マスクは顔回りや喉の潤いを保つのに効果的です。

乾燥による風邪の多くは、喉の粘膜から体に侵入してくるので喉の潤いを保つことは風邪対策のためにもとても重要なのです。

 

室内が乾燥していると、喉がイガイガしたり肌がカサカサして不快な気持ちになります。

ちょっとした工夫で冬の仕事場でも快適に過ごせるようになりますよ♪

ぜひ実践してみてくださいね!!

 

コラム作成.comでは、最新のアプリ情報やトレンドグッズについてのコラムを作成しております。

株式会社エフエーエス

〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町5-6
WEST NAGOYA56 2F
TEL:052-459-5030

http://www.column-writing.com/

http://fas-sol.co.jp/

 

SNSの写真に注意しよう

SNSを利用している人は、投稿に写真を付けることも多いですよね。

特に、流行のインスタグラムは、写真ありきのSNSなのでいろいろな工夫をしておしゃれに見える写真をつくっている人もいます。

スマホがあれば、だれでもある程度きれいな写真が撮れるようにもなってきています。

さて、写真を投稿するにあたって気を付けなければいけないことがあります。

SNSは基本的にだれでも見ることができます。

「鍵をかけているから大丈夫でしょ?」と思っている人もいますが、鍵をかけていても知らない人に写真を見られる可能性は十分にあります。

その写真をどこで誰に悪用されるか分かりません。

人に見られて困る写真や、悪用される危険性がありそうな写真を投稿するのは避けた方が無難です。

また、最近ニュースで話題にもなりましたが、写真を撮る時の定番ポーズ”ピースサイン”が危険なのだそうです。

カメラの性能がどんどん高くなっているため、ピースサインからその人の指紋を読み取ること可能になっています。

指紋が盗まれたら、犯罪に悪用される可能性があり、とても危険ですよね。

SNSに上げる写真では、ピースサインは控えた方がよさそうです。

 

コラム作成.comでは、SNSの更新代行などのご依頼もお受けしております。
運営会社 株式会社エフエーエス
〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町5-6
WEST NAGOYA56 2F
TEL:052-459-5030

 

 

依頼増です!フェイスブック更新代行 運営代行

フェイスブックページの更新代行の依頼が増えています。

依頼が増えている一番の理由は、クライアント様からのご紹介です。

うれしい悲鳴です。

smartphone-586903_1920

でも逆にとらえると、これほど困っていたんですね。

やはりご相談内容をお聞きすると、定期的に更新が出来ていないという事でした。

定期的に更新をする事が出来ない理由として、相談を受けてわかった事ですが

大きく分けると2点あります。

 

一つ目は、

更新する担当者が、他に優先する業務を抱えている。

店長、総務担当、広報担当、社長などの方が担当している事が多いですね。

 

二つ目は

更新するネタが見つからない。

はじめたころは順調に更新出来ていても有る程度でファンの反応などを

意識するために息詰まってしまうようです。

仕事を理解しているがために起こりやすい症状ですね。

 

このような事を解決できる方法として、私たちのような更新代行する会社に

任せていただきますと、すべて解決します。

 

これが思ったよりコストもかからないために早く依頼しておけば良かったと

お客様から喜んでいただける事が多いです。

 

社内にSNS専任の担当者を配置するというようなことは、現実的には無理だと思いますので

その道のプロにお任せ下さい。

 

iphone-410311_1280

 

スマートフォンの普及で多くの方が、通勤途中、仕事の合間、昼休みや自宅で

SNSを見ている人は非常に増えています。

 

そのユーザーたちに向けて、広告としてフェイスブックページなどのSNSで

写真と共にメッセージを送れるというのは大きなメリットですね。

また、会社やお店のイメージアップにつながる事は間違いありません。

 

social-media-488886

 

ご興味をお持ちいただけましたら、まずは一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文章を読ませるためのカタカナ使い3つの狙い (ライティングテクニック)

文章(コラム)を書く場合、よくわからないモノをカタカナで書いてしまう事が良くあります。

カタカナで書くことは、あまりお勧めできません。

なぜなら、その言葉の意味が一目でわかりずらいからです。

例えば、「ハシ」でも

橋、端、箸など文字を見ればすぐ意味がわかります。

ライティング

しかし、文章(コラム)を読ませるテクニックとして

あえて漢字をカタカナにしたり、ひらがなをカタカナで表した方が良い3つの狙いがあります。

 

  • 読ませ方をこだわりたい場合

ひとつ例にとるなら、「日本」という文字です。

「ニホン」と読ませたいか「ニッポン」と読ませたいかでカタカナで書き表します。

  • インパクトを与えたい場合

雑誌のタイトルなどではよくつかわれるテクニックです。

例えば、「オトナの遊び場」、「おトクな旅情報」、「オススメ物件」

漢字やひらがなでも問題は無いのですが、あえてカタカナにする事によって

インパクトを与える事が出来ます。

  • 複数の意味がある言葉をどの意味かを伝えたい場合

例えば、『会社の飲み会で、彼は大虎になってしまいました』というような表現の場合、

大きな虎になった思う人はいないでしょうが『会社の飲み会で、彼は大トラになって...』の方が

状況が伝わりやすいと思います。

concept-18290_1280

 

カタカナを使いこなす事によって、目を引く文章(コラム)を書く事が出来るでしょう。

上手にカタカナをおりまぜて文章(コラム)を書いてみてください。

 

 

ユーザー目線でコンテンツ制作

ユーザー目線でコンテンツ制作をするには

まずは、あなたのホームページの流入キーワードを

分析することから始めます。

googleアナリティクス

流入キーワードとは、あなたのホームページにどのように検索して

来ているか、どのようなキーワードで検索されているかを

知るところから始まります。

stockvault-woman-using-computer115011

ユーザーのニーズを知り、それに対応することが大切なポイントです。

即効性はなくても、地道にユーザー目線で答えていく事が確実性がある

SEOの対策と言えます。

一つのキーワードで1位に表示されることよりも、より多くのキーワードで

上位表示されることがあなたのホームページに来るユーザーが増えると

いう事になります。

ユーザーが検索するキーワードで、それに答えるコンテンツを制作していく

事でユーザーの知りたいことに応えるコンテンツを持つホームページに

なるといことになります。

より多くのユーザーが訪れることにつながっていく事でしょう。

internet-534232_1280

まずは、あなたのホームページを分析することをお勧めします。

一日でも早く行動を起こすことが、ライバルとの差別化になることは

間違いないでしょう。

ユーザー目線でのコンテンツ作りを考えるなら、

まずはお気軽にお問い合わせください。