フェイスブックページの取材方法について

最近問い合わせが増えている、フェイスブックページの取材方法についてお話します。

 

social-network-76532_640

 

取材と言っても、何か特別な準備をしていただくことは全くありません。

訪問する場合、来ていただく場合、あとはスカイプだったり

電話での取材という場合もあります。

お客様の都合の良い方法で取材をさせていただきます。

socialmedia

これは、フェイスブックに限らず、SNSの更新代行の場合すべて同じです。

social-media-488886

取材と言っても難しく考えいただく必要はありません。

本当に私たちが、出向いて会社やお店などを取材させていただきます。

もちろん取り上げて欲しいというような内容があれば、それをメインに取材します。

無い場合は、私たちが根ほり葉ほりお聞きします。

とは言っても、その業界に素人の私たちがプロであるお客様にお聞きするため

難しい事は全くありませんのでご心配なく。

 

むしろ、取材後に良く聞かれる事は

「なぜそこが知りたいのですか?」

「それって必要ですか?」

「そのネタ興味ありますか?」

そんな質問を返される事が多いです。

road-sign-

何故かというと、答えは簡単です。

フェイスブックページやSNSを見る人たちは、ほとんどが素人だからです。

ご自身のお仕事が、B to B だったしてもやはり同じ事ですね。

その道のプロとして、毎日仕事をしているとどうしても毎日見るもの

毎日触るものが当たり前になっていて、気がつかない事が多いのです。

 

例えば

美容師さん達が使うハサミの種類ってどれぐらいあると思います?

業界的には、ハサミではなくてシザーと呼ぶようです。

種類、呼び方、手入れ方法、使用方法、価格etc……..

これだけでも、かなりのトリビアものです。

beauty-saloon

一般人の私たちは、ほとんどしっかりと見た事がありませんので

写真があって、使用方法、どのようなカットの時に使うのかを

フェイスブックページの記事にするだけでも、「いいね!」たくさん付きそうですよね。

scissors-145127_1280

このように当たり前の事が記事になったりすることはおわかりいただけたでしょうか。

なるほど!!って思っていただけるようでしたら

 

料金体系は

記事をアップする頻度、月に1回から毎日までさまざまですから、お客様の要望に合わせて

提案させていただけます。

 

ぜひとも、一度お問い合わせいただき、無料相談から始めてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

依頼増です!フェイスブック更新代行 運営代行

フェイスブックページの更新代行の依頼が増えています。

依頼が増えている一番の理由は、クライアント様からのご紹介です。

うれしい悲鳴です。

smartphone-586903_1920

でも逆にとらえると、これほど困っていたんですね。

やはりご相談内容をお聞きすると、定期的に更新が出来ていないという事でした。

定期的に更新をする事が出来ない理由として、相談を受けてわかった事ですが

大きく分けると2点あります。

 

一つ目は、

更新する担当者が、他に優先する業務を抱えている。

店長、総務担当、広報担当、社長などの方が担当している事が多いですね。

 

二つ目は

更新するネタが見つからない。

はじめたころは順調に更新出来ていても有る程度でファンの反応などを

意識するために息詰まってしまうようです。

仕事を理解しているがために起こりやすい症状ですね。

 

このような事を解決できる方法として、私たちのような更新代行する会社に

任せていただきますと、すべて解決します。

 

これが思ったよりコストもかからないために早く依頼しておけば良かったと

お客様から喜んでいただける事が多いです。

 

社内にSNS専任の担当者を配置するというようなことは、現実的には無理だと思いますので

その道のプロにお任せ下さい。

 

iphone-410311_1280

 

スマートフォンの普及で多くの方が、通勤途中、仕事の合間、昼休みや自宅で

SNSを見ている人は非常に増えています。

 

そのユーザーたちに向けて、広告としてフェイスブックページなどのSNSで

写真と共にメッセージを送れるというのは大きなメリットですね。

また、会社やお店のイメージアップにつながる事は間違いありません。

 

social-media-488886

 

ご興味をお持ちいただけましたら、まずは一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックページ更新代行 運営代行 取材です!

SNSでお店や会社のプロモーションを行っているところって、たくさんありますよね。

フェイスブックページの更新を続ける事ってかなり大変なようです。

あえてちょっと他人事のように書いてみました。

social-network-76532_640

フェイスブックページの更新のポイントは、やはり写真ですね。

見る人にインパクトある写真やいつも見ているモノの写真、お店の外観など

それとポイントを押さえたコメントですね。

フェイスブックページの更新は、定期的に(週1~2回)行う事で

そのファンを増やしていきます。

ファンとの交流が、そのファンを増やしていけるコツですね。

この定期的に更新するコツは、外部に依頼するということが一番簡単で確実です。

 

外観

私たちは取材ということで、お店に行きます。

フェイスブックページに載せたい写真やイメージをお聞きします。

もちろん、今月のおススメなどがあれば、それを特集することで

ファンの人たちにイメージを植え込む事が出来ます。

_DSC5780

団体のご予約を受けたいのであれば、やはり大勢が座れるようなスペースをアップしたり

ユーザーがイメージしやすい写真をアップすることをオススメしています。

cakes-489849_1280

今月のおススメ料理があれば、その写真を撮って価格などユーザーに

訴求ポイントを大きく打ち出していきます。

「こだわりのスィーツ」などとタイトルをつけて、そのこだわりポイントを

わかりやすく、「福岡産のS6号のあまおうを使用して・・・」というように

産地や商品名などをうたうというのも、ユーザーは気になるところではないでしょうか

 

フェイスブックページの運営代行を外部に委託すると

の課題である継続的にという部分は確実にクリアできます。

 

フェイスブックページに限らずSNSの更新代行、運営代行は一度ご相談ください。

思ったよりも低いコストで、高いパフォーマンスを上げられますよ。

お待ちしています!!

 

2015 センター試験 数学 

2015年のセンター試験も終わりました。

受験生のみなさんお疲れさまでした。

ご家族も、ホッとしているのではないでしょうか?

 

実はセンター試験についてあるキーワードの検索数を調査しブログを書いてみました。

 

google-490567

その結果で解った事は、

「センター試験 数学」というシンプルな検索が一番多かったという事です。

やはり、絞り込む場合にはキーワードは増えていくのですが、大枠で検索をしようとする場合は

シンプルに検索するという事でした。

検索数の結果が知りたい方はこちらをクリックしてください。

検索キーワード

 

検索されるであろう キーワードを想定して、その内容に沿ってコンテンツを制作していく

そのコンテンツが検索する人が3秒でオモシロそうだと思い、クリックしてくれるかどうかが

ポイントになるでしょう。

concept-18290_1280

キーワード選びとコンテンツ制作が、ユーザーにとって興味のあるものであれば

結果SEOが狙い通りの導線で検索されるという事になります。

コンテンツSEOで集客して、読ませるコラムなどを作りこむためには、依頼者と制作者が

共にネタ出しから始まり、依頼者側の独りよがりにならない事です。

 

ユーザー目線という事は、ひとつに限らないという事ですね。

検索する人によって、傾向は有るにしても同じではないという事ですね。

library IT

 

いろいろなキーワードを組み合わせて検索する人も

ひとつのキーワードで検索する人も、その結果で、キーワードを追加していきます。

検索キーワードを想定するのは、多くの人の意見も重要になり、すべてを対策できないので

その中から、選んだものをSEO対策行いその結果を確認する。

 

良く耳にする言葉ですが、PDCAのサイクルでSEOも行っていくのです。

進化し続ける必要があるという事ですね。

また、継続的に行う事が重要でもあります。

 

一度無料相談から始めてみませんか。

 

 

 

 

引用についての知識

よくネット上でも「2013年厚生労働省の調査によりますと〇〇〇〇〇」

などと書かれているところを目にします。

これは引用といい、そのデータの出所をはっきりさせることによって

信憑性を高めたり、根拠をはっきりさせる技法のひとつです。

justitia-421805_1920
日本では著作権法第32条に次の4つをクリアすれば、

権利者に許可を得ずに引用しても問題なしとされています。

  1. 他人の著作物を引用することで自分のオリジナルの文章が補強されるなど、引用する必然性があること
  2. 自分のオリジナルの文章が質的にも量的にも「主」で、引用部分が「従」という関係にあること
  3. 本文と引用部分が明らかに区別できること
  4. 引用元の著作物の出典を明示すること(著作権法第48条)

houses-336436

例として

不動産で、今後この地域の不動産価格が上昇することが予想される場合に

その根拠として雑誌の特集で「住んでみたい街の〇位に入った」とか

専門家が人口当たりの病院数が多いとか、学校が充実している数値や

公共の機関の調査結果というようなことを引用することで、自分の意見や考え方が補強されることになります。

そうすることによって、ユーザー(読者)はよりそのコラムの信憑性を高めて興味を強く持つことになるでしょう。

 

引用元を探すのはインターネット利用するとすぐに出てきます。

あとは、どこのデータや数値、法律を引用すればより説得力が増すか

ユーザー(読者)がどこからの引用が納得しやすいかをよく考えて使用することをおススメします。

mark-516279

コンテンツを制作する際に、やはりユーザー(読者)の目線(興味)がどこにあり

何を表現して、導線をどうするかしっかり設計しましょう。

せっかくのアクセスも更新がないホームページで変化がないと3秒で帰ってしまいます。

 

クリックされてから、3秒でユーザーの興味を引けるようなコンテンツを作ってみませんか?

3秒で気を引くコンテンツ制作でSEO、なにはともあれ、一度ご相談ください。