タイピングを見直そう

たくさんのコラムを書いていると、だんだん文章を作るのにも慣れてきてスピードが上がってきますよね。

早く書けるようになったという実感が持てると、コラムを書くのが楽しくなってきます。

スピードアップには文章を書く能力や、ネタを探す力も必要ですが、単純にタイピングが速いということも重要です。

7869f2b67084d2310d657f5f78e9a547_s

今回はタイピングのスピードを上げるちょっとしたコツをご紹介します。

「タイピングは普通にできる」という人も、以下にご紹介する方法を試して、さらにスピードをアップさせましょう。

●気に入ったキーボードを使う

213d6d3437dac2e5e87e7abf6c79b5e0_s

今使っているキーボードは気に入っていますか?

パソコンを日常的に使う人であればわかると思いますが、キーボードの押し心地やフィット感が自分に合っているものと合っていないものではタイピングのスピードにかなり差が出ます。

ca696f8accf6ee52a65cfd8998b5bd33_s

例えば、ノートパソコンなどに多い「ほとんどボタンを押している感覚がないキーボード」が好きという人もいれば、「カチャカチャと音がするしっかりとした押し心地のキーボード」が好きな人もいますよね。

いろいろなキーボードを試してみて、『これが好き』と思えるものを使いましょう。

タイピングのスピードが上がるのはもちろん、パソコンを使うのが少し楽しくなりますよ。

 

●ゆっくりを意識する

文字を打つスピードが速くなると、すさまじいスピードでキーボードをたたくようになる人がいます。

しかし、頭で考えたことをきちんと文章にして正確にタイピングするためには内容を確認しながら打ち込んでいく必要があります。

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

特に、なれないカタカナ言葉や専門用語が多用されるコラムでは、誤字・脱字に注意しなければいけません。

あとから間違えた部分を修正してなおしていく作業は、非常に時間がかかり面倒です。

5e2502d866daa7618144cc97c191779c_s

それよりもできるだけ最初から間違いの少ない文章を書けたほうが良いですよね。

そのためには、『ここは専門用語が多くて間違えそうだな』と思う部分はスピードを落としてみましょう。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したことを参考に、コラムを書くスピードがさらに上がっていくといいですね。

 

秋に向けて書きたいコラム

8月も残すところあとわずかとなり、秋が近づいてきましたね。

気温的にはまだまだ暑い日が続きますが、暦の上ではもうすぐ秋です。

0accd20c9d1350dfb471e6117a347ea8_s

今回は秋に向けておススメのコラムのネタをご紹介します。

これからコラムを書こうとしている方や、コラムを書きためておこうと思っている方は参考にしてみてくださいね。

 

☆グルメ情報

秋といえば「食欲の秋」ですよね。

秋には果物や野菜も旬を迎えるものが増えて、おいしいものがたくさんあります。

4f11059db924490c7609f29fadac52db_s

グルメ情報を探す人が多くなる時期でもあるので、食べ物に関するコラムは読んでもらいやすくなります。

自分が知っている地元の美味しい店のことや、友人からの口コミ情報なども使えます。

「ぶどう狩り」や「梨狩り」といった秋ならではの果物に関する話も検索されやすいですよ。

9de1fe940e25c9f32547cee9cfc2614e_s

実際に行ったことがあるところだと、その料理や食べ物の魅力を伝えやすいです。

 

☆ダイエット情報

食べ物がおいしい季節になると気になるのが、体重の増加です。

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s

ダイエットを始めようと考えている人に人気なのが、ダイエットに関するコラムです。

スポーツを中心にしたダイエット方法や、食事のとり方などいろいろなコラムが書けそうですよね。

グルメ情報に絡めてダイエットについて書くのも、おすすめですよ。

 

いかがでしょうか?

今回は秋におススメのコラムのネタをご紹介しました。

他にも秋はコラムにしやすいネタがたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみてください!

最後まで読んでもらえるコラムとは

コラムを書く一番の目的はたくさんの人に読んでもらうことですよね。

多くの人に興味を持ってもらうことも大切ですが、せっかくなら最後までちゃんと読んでもらいたいです。

ee39337d4d140acab7c4211a61bc2514_s

最後まで読んでもらえるコラムは、「読者を飽きさせず充実した内容のコラム」になっているはずです。

そういうコラムであれば、『このコラム面白かったよ!』というように友人に教えたくなるのでよりたくさんの人に読んでもらえる可能性があります。

0f6591c11f47db549022d3451009ee3a_s

今回は最後まで読んでもらえるコラムを書くコツをご紹介します。

 

☆画像が充実している

67f943f1aafab34a1f18cd519d42c748_s

最近のコラムには画像が必要不可欠です。

画像が無く、文章だけが続いているコラムを読み続けるのはなかなか難しいものです。

コラムを書くときは、画像の選び方にも注意しましょう。

コラムの内容に合っていて、目を引く画像をチョイスすることが大切です。

文章の内容と全然マッチしない写真が貼ってあると、それだけで読む気が無くなってしまうこともあります。

例えば医療系の真面目なコラムに、おしゃれな画像を載せると違和感がありますよね。

センスが良い写真を使っているコラムはそれだけで人気が出ることもあります。

 

☆結論に「驚き」「納得」を持ってくる

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s

コラムは、基本的に導入→本題→結論という構成を考えて書きますよね。

導入部分では、読みたくなるようなタイトルで興味を持ってもらうようにします。

本題は、タイトルに合った充実した内容にする必要があります。

この導入と本題のところで、「伏線」や「謎」をを含ませると結論にもっていきやすいです。

 

そして、最後の結論で「へー!」と思ってもらえるように「伏線」「謎」を回収するのです。

こうすることで読み応えのある、人に教えたくなるコラムに仕上がります。

 

 

 

インフルエンサーとは

現代は、インターネットやスマートフォンが誰でも利用できるようになりました。

それに伴って個人の発信する情報が強い影響力を持つようになっています。

26fde19616bb4dcf6b2a523162f7428c_s

例えば、人気のブロガーが「ここのチーズケーキおいしいよ!」とブログに書けば、そのチーズケーキ屋さんに行列ができたりします。

ebeecb3d838b4c74f248dcfe57a7356c_s

気軽に情報を発信でき、またそれを誰でも簡単に受け取ることができるからこそ、情報がすごいスピードで広がっていくのです。

そのなかでも、特に世間への影響力が強い人のことを「インフルエンサー」といいます。

a2c5f63c8f9043390411c37cb7393593_s

インフルエンサーは「影響・感化」を意味する「influence」という単語から派生した言葉で、インターネットをはじめとするメディアでその人が発したことが、それを見た人の購買意欲を掻き立てたり、世の中のブームに繋がったりといった影響力を持ちます。

インフルエンサーの多くはタレントやモデルなどの有名人ですが、逆に一般人からインフルエンサーになり、タレントになった人もいます。

f3aec97341fa46e36b8be7a925fb1c8b_s

他にもスポーツ選手や特定の分野の専門家がインフルエンサーとなることもあります。

インフルエンサーになり得る人のポイントは

●多くの人から信頼されている

●人の興味を引く情報を発信できる

●コミュニケーション能力が高い

といったことが挙げられます。

 

これらのポイントを押さえて、情報を発信していけば普通の人でもインフルエンサーになれる可能性はあります。

また、インフルエンサーの人のブログやツイッターを定期的にチェックすることで、「これから流行りそうな物」「どんな風に情報を発信すると良いのか」などを知ることができます。

6cd12d7cc1478adf199ac023ace16ed7_s

インフルエンサーの情報をうまく利用して、コラムやHP運用などに役立てていきたいですね。

スマホの熱対策をしよう

日中の気温が毎日のように35度を超える地域もありますね。

人間は暑すぎる環境にいると、熱中症や脱水などの症状が出ます。

8f115fdda739133508ac0c62375979d0_s

しかし、暑さに弱いのは人間だけではありません。

皆さんが使っているスマホも、気温が高い状況で使っていて、本体が熱くなりすぎていることがありませんか?

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

これは、俗にいう「スマホの熱暴走」といわれるもので、スマホ自体が熱くなりすぎて、電源が切れたり、アプリがうまく起動できないなどの問題が発生します。

今回は、スマホの熱暴走を防ぐためにできる対策をご紹介します。

☆物理的に冷やす

とにかく熱くなってしまっている本体の温度を下げる方法です。

本体を扇風機に当てるなどして、熱くなった本体を冷まします。

54a72dc778d8189681ac0e485c6dc04e_s

スマホカバーをしていると、熱が発散されにくく熱くなりやすいので、カバーを外してみましょう。

また、市販されているスマホ冷却シートを使って冷やすという方法もあります。

ただし、冷蔵庫や冷凍庫に入れるのは逆に故障の原因になることがあるのでやめましょう。

 

☆充電しながら使用しない

7fe42da73c98aaf17987053be8f9c5a8_s

充電しているときにスマホを操作すると、バッテリーに過剰な負荷がかかって発熱の原因になるので控えましょう。

このような使い方をすると、バッテリーの持ちも悪くなる危険があります。

 

いかがですか?

スマホを使っていて「熱い!」と驚くようなことがあれば、今回ご紹介した対策を試してみてくださいね。