toggle
2021-04-02

「お茶だし」にかわるもの

新年度になると、新たな顧客獲得のチャンスが増えますよね。お客様がいらっしゃった時、今までは当たり前に出していたお茶ですが、新型コロナウイルス感染症拡大により、どうしたら良いかというのが、話題になるようになりました。ここでは、「お茶だし」に関して簡単にまとめました。

【「お茶だし」は?】

お茶出しは、『おもてなし』の心で行います。お茶は、会議や打ち合わせ時に、喉を潤したり、気分転換にもなるため、欠かせない飲み物です。

【新型コロナウイルス感染症拡大の影響により取り止めとなっている理由は?】

◆可能な限り、接触回数を減らすため

◆茶碗やコップでの接触による感染を防ぐため

◆お互いに感染の不安を感じる必要がなくなるため

【「お茶だし」のかわりに、おすすめなのは?】

《ペットボトルや缶コーヒーの提供》

特に、ペットボトルの場合は「長時間の話し合いでもホコリが入りにくい」、「飲みきれなかった場合は手土産として持ち帰ることができる」というメリットがあります。

《コーヒーサーバーやティーサーバーの活用》

1台で複数の飲み物を楽しむことができ、お客様に好きな飲み物を選んでもらいやすいため、導入している企業は多いと言われています。

《自動販売機の活用》

1台で幅広い種類の飲み物を楽しむことができ、お客様に好きな飲み物を選んでもらいやすく、適温を保った飲み物を簡単に購入することができます。

以上のような変更をした場合、「ペットボトルのままで失礼します」と一言添えたり、「お荷物でなければお持ちください」とおすすめするのを忘れないようにして下さい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。