toggle
2020-06-26

今話題のZoomについて知っておこう!

コロナウィルスの発生によって家で過ごす事が多くなり、なかなか外出できないストレスに悩んでいる人も多いでしょう。

普段当たり前のように出来ていたことが出来なくなり、普通の日々の有難さを痛感します。

しかし、自粛生活によって私たちの生活にも変化がみられるようになり、おうち時間を充実させる人も増えてきました!

そんな中で話題となっているのが、オンライン飲み会などでも利用される「Zoom」です!

いつでもどこでも複数人で同時参加が出来るため、おうち時間を充実させるアイテムの1つとなっています。

【Zoomとは?】

Zoomとは、パソコンやスマートフォンを利用して、オンラインで複数の人が同時参加することが可能な「ビデオ・Web会議アプリケーション」です。

最近では友人同士のオンライン飲み会で使用するなど様々な使い方がされていますが、本来はビジネスシーンにおいてWeb会議を実現するクラウドワークスとして作られたもので、多くの企業が取り入れています。

本来ならば、ひとつの場所に集まって行う必要があるミーティングも、Zoomを利用する事でオンライン上で行うことが可能となるため、ビジネスシーンで多く活用されています。

PC、スマートフォン、タブレットなど、一般的なデバイスであればZoomをインストールすることが出来、マイクやカメラが搭載されていない端末の場合は、外部機器を接続することで利用することが可能です。

また、Windows、android、MacOS、iosなの様々なOSに対応しているのも多くの人に使われる理由の1つでしょう。

 

【Zoomで出来る事】

  • ミーティング

ビデオ・WEB会議などの「オンラインミーティング」を行うことが可能です。

ZoomはHDビデオによる高画質のビデオ出力、また高音質での音声出力に対応しているため、映像や音声の乱れによるストレスを感じることなく会話することが可能です。

また、ビジネスで役立つ画面共機能を搭載しており、テキスト・イメージ・音声・ホワイトボードなど、多くファイルが共有可能なあため、会議をスムーズに進める事ができます。

 

  • 社内研修

参加者が閲覧できるホワイトボードは社内研修などでよく使用されます。

講師がZoomで記述するホワイトボードを参加者に共有することで、実際の研修のような抗議をZoomを通して行う事が出来ます。

研修では「ビデオブレイクアウトルーム」機能もよく使われており、参加者を小規模なグループに分割できるので仮想的にグループワークを実施することが出来ます。

 

  • オンライン飲み会

上記のようにZoomはビジネスシーンで活躍するものですが、自粛の影響もありオンライン飲み会でも多くの人が利用しています。

アカウントが必要なのは主催者のみとなるので、あとの人はURLの共有で気軽にミーティングへの参加が可能です。

参加可能人数は最大1000人で、無料版でも100名まで参加することが可能です。

しかし、3人以上の場合は40分という制限時間があるので注意しましょう。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です