toggle
2020-07-17

若者だけじゃない!使ったみたいSNS用語

今では日常生活の一部となったSNSですが、SNSで様々な新しい用語が誕生しているのをご存じですか?

そんな言葉を使うのは若者だけでしょー?と思うかもしれませんが、調べてみるとなかなか面白い用語がいっぱいです!

多くの若者が利用するSNSでは、若者たちの新鮮な感性で作られた用語が多く、おもしろいものからなるほど!と納得させられてしまうものも多いですよ!

【そもそもSNSとは?】

SNSとは、Social Networking Serviceの略で、インターネット上で人と人との交流を構築し楽しむサービスのことを言います。

主にFacebookやTwitter、LINE、Instagramなどが一般的に多くの人に利用されています。

SNSと聞くと若者が利用するイメージを持っている人も多いかと思いますが、実際にはそうでもなく、幅広い年齢層で利用されています。

〈SNSの利用者動向〉

・Facebook

日本でのFacebookの利用者は40代が中心と言われており、他のSNSに比べると利用者の年齢層は高い傾向にあります。

 

・Twitter

日本では20代~30代のユーザーが多く利用しています。

近年、米国トランプ大統領が頻繁に利用しているという事でも注目が集まっており、日本でも多くの芸能人などが利用しています。

 

・LINE

スマホの普及とともに爆発的に利用者が増えたLINEでは、10代の若者から40代50代の利用者も増えています。

実際にまわりを見渡してみると、60代70代の方もスマホでラインを利用している姿もよく目にしますよね!

お子さんやお孫さんとのコミュニケーションツールにもなるため、幅広い年齢層に利用されています。

 

・Instagram

10代20代の若者が多く、特に女性ユーザーが多いと言われています。

インスタ映えという言葉もよく耳にしますが、すてきな写真をとってアップするユーザーが多いのが特徴です。

 

【SNSでよく使われる用語】

・それな

共感をあらわす「そうだね」の関西弁がそのまま全国区に広がったと言われています。

「うんうん」のように相槌をうつ場面で「それな!」というような感じで使います。

 

・ディスる

相手を侮辱したり悪く言ったりする事を言います。

語源は「不・・・」「非・・・」「無・・・」を表す形容詞のdis…から生まれた説や、無礼をはたらくといった意味の「disrespect(ディスリスペクト)」を略したものであると言われています。

「ディスるコメントが多い」「ディスられた・・」や「ディスり返す」などSNS上だけでなく、日常生活でも使っている人も多くみられます。

 

・あーね

「あーそうなのね」を縮めた用語です。

SNSでは、文字を極力減らすためこのような用語が生まれると言われています。

 

・神回(かみかい)

ドラマやアニメなどで、特によかった回の事を「神回だったねー」というように言います。

ネット上では優れていることを「神」と表現することが多く、その派生ですごく良い内容という意味で使われています。

 

などなど・・・他にもSNSでは様々な用語が誕生しています!

調べてみるとなかなか面白い用語も多く、SNS上のやりとりだけでなく、日常生活で使われているものもあるので、ぜひ使ってみてくださいね!

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です