toggle
2020-11-06

「リスハラ」について

2020年の新型コロナウイルス感染拡大の影響で、職を失わないか、心配という方も多いのではないでしょうか?ここでは、リストラにまつわる「リスハラ」について、ご紹介します。

◆「リスハラ」とは?

「リストラハラスメント」の略です。「リストラ」とは、英語の「Restructuring(リストラクチャリング/再構築)」の略語で、日本では一般的に、「会社側が経営上の理由や経済上の事情により、人員削減の手段として行う解雇のこと」を指します。そのリストラ対象者に対して、嫌がらせや、過度な退職勧奨がおこなわれることを「リスハラ」と言います。

◆具体的には?

会社側が、対象者を何の通告もなく急に配置転換をおこなったり、明らかに見合わない仕事を押し付けたりといった、自主退職に追い込む嫌がらせの行為が該当します。また、「そんなんだからリストラされるんだよ」といった発言をして、精神的に追い詰めたりすることも該当します。

◆対応策は?

・信頼のできる上司や、社内の相談窓口に相談しましょう。

ハラスメントが行われている事実を報告して、周知してもらいましょう。また、ハラスメントの記録を取っておくと、証拠として提出できるため、早急に対応してもらいやすくなります。

・社外の相談窓口に相談しましょう。

労働局や労働基準監督署に相談しましょう。ハラスメントの記録をもとに、問題解決のためのアドバイスをもらうことができます。

 

ハラスメントを受けて、精神的にダメージを受けている中、一人で戦うのは難しいと思います。まずは、信頼できる方に早めに相談するようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。