toggle
2021-07-09

今年特別に変更される「夏にある国民の祝日」

仕事で、祝日休みの方は多いですよね。その「国民の祝日」が2021年限定の特例で、日付が変更になるのをご存知でしょうか?

ここでは、今年特別に変更される「夏にある国民の祝日」について、ご紹介します。

【祝日の日付が変更になる理由】

東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催期間中のアスリート、観客等の円滑な輸送と、経済活動、市民生活の共存を図るためです。開会式と閉会式前後の連休により、東京中心部の混雑緩和を目的としています。

【具体的な変更内容】

オリンピック開会式の7月23日前後が、4連休となります。また、オリンピック閉会式の8月8日前後が、3連休となります。

〔海の日〕

7月22日(木曜日):オリンピック開会式の前日に変更となります。

〔スポーツの日〕

7月23日(金曜日):オリンピック開会式当日に変更となります。

従来の「体育の日」であり、世界で使われている「スポーツ」の言葉を使い、「スポーツの価値」を世界の人々と分かち合おうといった理由から、2020年に「スポーツの日」と名称が変更となっています。

〔山の日〕

8月8日(日曜日):オリンピック閉会式当日に変更となります。

*長崎原爆の日である8月9日を祝日とするのは望ましくないという意見が出たため、閉会式当日の8月8日に移動させ、9日は振替休日とすることとなりました。

祝日が仕事休みの方にとっては、嬉しい連休ですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です