toggle
2015-12-11

色のイメージを効果的に使おう

HPやコラムを作成するときなどに、色の文字を変えたり背景に色をつけたりしますよね。

色にその色が持つイメージがあり、うまく使い分けることで内容が人に伝わりやすくなります。

代表的な色のイメージとオススメの使い方をご紹介します。

69a6429eea0424efba52a4064465d6d5_s

★ピンク★

e7aecd884358c2d1e1898188b0339c57_s

 

ピンクは可愛いらしく、若い女性を連想する色です。

恋愛やメイクをテーマにした女性向けの記事を作成するときに使いたい色ですね。

ただし、華やかな印象のある色なので少し年上の女性に向けた記事には暗めの落ち着いたピンクを選ぶと良いですよ。

 

 

★青・水色★

ef384ec7adf00c35693b8b1af6db2dfd_s

 

清潔感のある色です。

病気や健康に関する内容を書く時にオススメの色です。

落ち着いたイメージの色なので、少しかしこまった内容にも使用できます。

白と組み合わせて使うとより清潔感が増します。

 

 

★黄色・オレンジ★

12cfbf4910384363350adc0172956d81_s

 

明るく、元気な印象を受けるカラーですね。

子供に関する内容や楽しい情報を提供するときに使いたい色です。

黄色は背景が白の時に使うと見辛くなる場合があるので注意して下さい。

 

★グリーン★

guri-nn

 

グリーンは草花などの自然を連想する色です。

環境やエコなどの話題に向いています。
どの色ともケンカしないので、他の色と一緒に使ってもいいと思います。

 

★赤★
 aka

とても目立つ色で、人の注意を引きます。
なので、主張したい部分やとても重要な内容の時に使うと効果的です。

強い色なので、たくさん使いすぎると疲れてしうことがあります。
バランスを見て使いたい色ですね。

 

いかがでしたか?

432c42ceb127a042df386b67d81b189a_s
今回は良く使用する代表的な色に絞ってご紹介しました。
色のイメージを活用して、見る人に伝わりやすいコンテンツを作成できると良いですね。

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。