toggle
2017-03-06

使ってる?フリマアプリ

アプリを使って、自分の持っている商品を誰かに売ったり、一般の人が出品しているものを買うことができるのが「フリマアプリ」です。

2012年ごろに登場したフリマアプリは、今では当たり前のように使われていますよね。

フリマアプリでは、自分の商品をスマホで撮影し、その商品の説明を入力して出品します。

出品したものが、他のユーザーが欲しがっているものや興味の持てるものであれば、購入してもらえます。

ユーザー同士が直接やり取りをして、商品の詳しい内容を聞いたり、値下げ交渉を行ったりできるのが特徴です。

普通に通販で買うよりもかなり安く買えることや、個人間のやり取りなので消費税がかからないことが、人気のポイントとなっています。

フリマアプリが開始されたばかりの頃は、服やバッグなどの服飾品のやり取りがメインでしたが、幅広い世代にユーザーが増えていくにつれて、やり取りされる商品もイベントのチケットやゲーム、手作りのグッズといったものが増えてきました。

代表的なフリルアプリを3つご紹介します。

 

★メルカリ

数あるフリルアプリの中でも、最もメジャーでユーザー数も多いです。

ユーザーの年齢層、性別も多く商品数も他のフリマに比べて非常に多く、様々な種類の商品が出品されています。

 

★フリル

メインユーザーが、20代~30代の女性です。

2015年からは男性も使用できるようになっています。

メインで取引されているのが、服・アクセサリー・靴・バッグです。

ブランドものの服飾品も多く出品されています。

 

★ラクマ

楽天が運営しているフリマアプリです。

上記二つのアプリが出品に手数料がかかるのに対し、ラクマは基本的に出品の手数料は無料です。

 

コラム作成.comではWEBの話題やトレンド情報についてのコラム更新にも対応しております。
運営会社 株式会社エフエーエス
〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町5-6
WEST NAGOYA56 2F
TEL:052-459-5030

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です