toggle
2021-08-13

ソロ活の「登山」

今、新型コロナウイルス感染症対策として、「ソロ活」が流行っていますよね。その中でも、アウトドアの定番の「登山」のソロ活について、簡単にご紹介します。

【ソロ活の「登山」のメリット】

一人での「登山」は、自由に自分の思い通りに好きな山に登ることができるのがメリットです。

【ソロ活の「登山」の注意点】

〔遭難〕

滑落して登山道から大きく外れてしまった場合、気づいてくれる人はいないかもしれません。その場合でも自力で助けを求めたり、崖上まで登らなくてはなりません。

また、怪我をしてしまった場合、周りに人がいなければ助けてくれる人はいません。そして、一人で登山をする場合、ルート選びから地図読み等、全て一人で行う必要があります。

道を迷ってしまったり、怪我をしてしまうと、遭難してしまうリスクが高くなります。

〔あやまった状況判断〕

悪天候時や難所などリスクが高い状況の場合、一人の場合はその人のスキル・経験によるため、あやまった状況判断となってしまうリスクが高くなります。

【ソロ活動の「登山」でおすすめする山】

・標高が高くない低山

・標高差や歩行時間が短い登山ルートがある山

・登山道が整備されていて歩きやすい山

・人気があり、登山者が多い山

ソロ活動の「登山」のリスクを把握して、できるだけリスクを回避するようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です