toggle
2021-05-28

「マスクの小顔効果」について

マスクは、飛沫感染防止やウイルス対策など、本来の機能が最重要ですよね。しかし、更に顔色を良く見せてくれたり、顔をほっそり、小さく見せてくれる効果があれば、なおいいですよね。ここでは、「マスクの小顔効果」について、ご紹介します。

【よくありがちな間違い】

小顔目的だと、大きめなマスクを着用すればいいのでは?と考える方もいるかもしれません。しかし、大きすぎるマスクは、顔とマスクの間に隙間ができ、花粉やウイルス、飛沫感染対策としての役割を果たすことができません。

見た目もだらっとして、みばえが悪く、すっきりとした印象とはならないため、小顔効果は期待できません。

【小顔効果が期待できるマスク】

マスクがフェイスラインにフィットし、さらにフェイスラインがシャープに見えることが重要となります。マスクのサイドラインの部分が、ラウンド型にカットされているマスクなどがおすすめです。

色は、ダークカラーを選ぶと、引き締まった印象を与えて、小顔に見えます。

【裏技】

使い捨て不織布マスクは便利ですが、マスクの横の部分が広がって、顔が膨張して見えてしまいがちです。そんなときには、ホチキスでとめると小顔効果が期待できます。

〈やり方〉

①マスクのプリーツをつまみます。

②つまんだプリーツを一段上に持ち上げます。

③持ち上げた部分をホチキス留めします。

〈注意点〉

・マスク本来の機能が果たせるよう、自分の顔にフィットし、顔とマスクの間に隙間ができていないか確認しましょう。

・ホチキスの針の先端が出ない方が肌側になるようとめましょう。

 

小顔効果が期待できるマスク自体は高価なものが多く、形や色を気にするだけでも印象がかわるため、購入時には気にしてみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。