toggle
2021-06-11

そうめんの簡単な食べ方

これからの暑い季節、のどこしがよく、つるつる食べられると人気なのが「そうめん」ですよね。ここでは、「そうめんの簡単な食べ方」について、色々とご紹介します。

【ゆで方のポイント】

たっぷりのお湯で茹でると、対流で均等なゆで加減になるため、おすすめです。

ゆであがった麺は、すばやくザルに移し、水で粗熱を取った後、水を流しながら、よくもみ洗いすることでヌメリがとれて、さらに美味しくなります。

【ちょい足しのめんつゆのアレンジ】

〈オリーブオイル〉

爽やかな香りを楽しむことができます。オイルでコーティングされた麺はのどごしがよく、コクも増します。

〈梅肉〉

夏バテ気味な時は、梅肉をちょい足しするのがおすすめです。クエン酸で、疲労回復の効果が期待できます。

〈マヨネーズや豆乳〉

まろやかさが増します。ツナや野菜などを足すと、栄養もとれます。

〈キムチ、ラー油〉

辛味により、食欲をあおります。

〈ごま油〉

ちょい足しするだけで、中華風のめんつゆになります。

〈とろろ昆布〉

めんつゆに、ほぐしたとろろ昆布を入れます。とろろ昆布特有のほのかな酸味がまして、うまみが倍増します。

【番外編】

めんつゆではなく、ごまだれに少し豆板醤を加えると、冷やし担々麺のような中華風に変身します。ごまだれのコクと甘さと酸っぱさに、豆板醤の辛さと塩辛さが加わって、おすすめです。

普通のめんつゆに飽きてしまったら、ぜひ試してみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。